楽に痩せるダイエット:EMS腹筋ベルト

最近、お腹が出てきた。それもヤバいくらいに💦
ズボンのウエストが閉まらないのだ。このままでは履けるズボンが無くなると焦った私はウエストを絞ることにした。しかし運動は疲れるw それに続かない自信もある。
そこで楽にウエストを絞るのに今、話題のEMS腹筋ベルトを試してみることにした。

運動せずにウエストを絞る

EMS腹筋ベルトにはジェルと使うタイプと最近開発された使わないタイプがある。
下記のものはジェルの要らないタイプ。
昔、ジェルのいる貼るタイプのEMS腹筋マシンを使っていた経験からジェルは頻繁に買わないといけないので意外に本体よりジェル代の方がかかるのだ。
ジェルタイプより本体料金は高めなのだがジェルが要らないとなると元はすぐ取れるとジェルの要らないタイプを購入したのは正解だった。

ジェルタイプとジェルの要らないタイプの違い

基本的にEMSで腹筋を鍛えて絞るのは違いがないが意外なことにジェルの要らないタイプ方が効果が高いのだ。使用してみるとわかるがかかる負荷要らないタイプの方がきついのである。

私はウエストを絞るのと同時に腕や太ももに巻けるジェルタイプも買ったので、同時に使用して違いが分かった。巻けるタイプはお腹にも貼るタイプとセットなので実際両方試してみた感想としてジェルタイプは負荷が弱いのだ。

基本的にEMS腹筋ベルトは直接肌につけないと効果がない。シャツの上からだと低周波が筋肉に働けることが出来ないからだ。正直直接肌に貼ると最初はチクチクした痛みがある。慣れる必要があるが3~4回使えばなれるまずだ。
これの痛みはジェルタイプにはない。これが2つのタイプの大きな違いだろう。

ただ巻くだけでいいからテレビを見ながらとか、他の事をしながらでもいいし何よりジェルタイプと違って剥がれ落ちる心配がない。これは嬉しい誤算だった。
貼るジェルタイプは頻繁にジェルを交換しないと粘着力が落ちるし基本的にじっとしておかないとはがれてしまう。

ジェルタイプはかっこいいのだが今となっては正直めんどくさい。ジェルの管理も大変だしこまめに買うのも大変だ。
今からEMSで腹筋を絞る(鍛える)なら断然巻くタイプのジェルの要らないタイプをお勧めする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました