アフリエイト広告:かんたんリンクの作り方

初心者の私が苦労したのがこれ。そもそも広告の貼り方がムズすぎる。
アフリエイトをするには仲介業者に登録する必要があるがそれを含めて順番に説明していきます。

まずアフリエイトを仲介している業者に会員登録

まずはアフリエイトを紹介してくれているASPに登録する必要があります。(とりあえずブログを作ってからの方が審査が通りやすい)

私が使ってるのは主に下記の4つ

正直 afb は使いにくいというか、わかりにくいので、「A8」と「もしもアフィリエイト」を主に使っているAmazonアソシエイトも使っているがここは審査があるので事前に何らかのサイトを用意する必要がある。(まあ、他にも沢山あるけど最初から沢山やるより理解するのが先)

これは最初解らなかったことだがHTMLが分かっているとわかりやすいが、そうでない場合の説明もするので、あまり気にしなくていい(そうは言っても私も理解するまで時間かかったんだよね…

ASPとは

ASPは広告主から広告を集めてブロガーに仲介する業者と思ってもらえればいいと思います。数多くありますが、私はまだ初心者なので大手の「A8net」と「もしもアフィリエイト」をっメインに使っています。もちろんAmazonアソシエイトにも登録はしています。(理由は後で分ると思います)

報酬はASPから払われることになります。

初心者がアフィリエイト広告を思ったように貼るのは難しい

WordPressのCOCOON設定からアフリエイトタグで貼るのが基本になるが、これが意外と面倒くさい。

COCOONでのアフィリエイト広告の作り方

Cocoon設定➤アフィリエイトタグ➤新規追加を選びます。

新規作成をクリックすると下記入力画面が出てきます。

タイトルは何でも自分のわかりやすい名称でOKです。

内容は「貼りたい広告のHTML」を貼る場所です。
それぞれのASP取得したHTMLをコピペで貼り付けます。(バナー広告でもテキスト広告でもOK)です。

最後に保存すればOKです。

一覧ページに移動して貼りたい広告の「ショートコード」(例:affi id=122)をコピーして、貼りたい場所に「ショートコード」をペースして更新してください。これでOKです。

上のような広告を貼るにはいくつかの工程を経なければならない。

また「もしもアフィリエイト」には「かんたんリンク」と呼ばれる広告の貼り方があるがこれは更に難しい。WordPressプラグインに「Classic Editor」をインストールし有効化したり無効化したりと使い分けないといけないし、HTMLを貼る場所にも注意が必要が出来れば下記のようにいくつかの選択肢から選ばせることもできる。ここでは関係ないが下記商品を見本として貼ってみる

やり方は下記に順番に書いていきます

まずは「かんたんリンク」の作り方です。

右の緑の+ボタンを押してAmazonで見るを作ります。

Amazonアソシエイトツールバーのテキストリンクをコピーします。

URLにペーストします。

HTMLソースを1行にする(Wordpress対応)にチェックを入れて全文コピーします。

プラグインに「CLassic Editor」をインストールして有効化してください。

有効化すると画面表示がクラシック型に変わります。

表示を右上のビジュアルからテキストに変えます。

全文コピーしたHTMLをここにペーストして「公開」または「下書き保存」すればOKです。

最後に動く広告

上記のような広告も「もしもアフィリエイト」で作成しますがこれは一番簡単かもしてません。
貴方のブログに来訪してくれたユーザーに合わせて自動生成してくれます。作り方は下記の通り簡単です。

モーションウェジェット(もしも版)を選びます。

リンクを作成します。

❶で表示したいタイプを選びます。
❷でHTMLをコピーしてそれぞれ使用したいところをへ貼り付けます。

サイドバーショートコードに貼り付けて使用してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました