ブロードキャストでライブ配信する

YouTubeやニコ動など様々な所でゲームは配信されていて視聴されている方も多いと思います。
人気なのは有名ユーチューバーのライブ配信や攻略動画のアーカイブ動画などです。

アーカイブ動画は動画編集のスキルもいるので今回は後回しにします。
取り敢えずゲームのライブ配信の基本的やり方を解説していきます。

ライブ配信には機材とアプリが必要

playstation5から配信する場合とそれ以外のゲーム機から配信

playstation5から配信する場合

一番簡単なのはplaystation5に搭載されている機能「ブロードキャスト」です。(PS4の場合も基本操作は同じです)

playstationにはゲームをライブ配信する機能が最初から搭載されています。この機能を理解すれば、すぐにライブ配信は始められます。

コントローラーのoptionボタンを押せばいくつかの選択肢が出てきますが、ここでブロードキャストを選択します。

選択肢の中にTwitchYouTubeの項目があるのでYouTubeを選択するとアカウントをリンクの画面が出てっきます。

1)アカウントをリンクを押すとPChttps://www.YouTube.tv/activate にアクセスするか、モバイル機器でQRコードスキャンしログインする必要があります。

2)アクセスコードがPS5に表示されているので入力するとPS5の画面に切り替わるのであとは指示に従って必要項目を入力すればリンク完了です。

リンクが出来ればブロードキャストを開始をボタンが出てきます(PS5本体)

YouTubeから配信する場合YouTubeアカウントを先に作っておく必要があります。
タイトル「ゲームのタイトル」、説明タグを入力「,」で区切って必要なタグを入力します、プライバシーを設定➤公開を設定するとライブ配信を開始できます。

あとは実際に操作してみてください。慣れれば簡単です(ヘッドセットも繋いでおくと便利です)

キャプチャーボードを使ってOBSから配信する

キャプチャーボードは様々な種類が販売されています。便利なのはUSB3.0でPCから電源がとれるタイプです。USB3.0の線とHDMIが2本(出力・入力)をつなげばセッティングはOKです。

わたしが実際に使っているキャプチャーボードはこれです。
これはPCの電源を入れなくてもPS本体が使えるので便利です・

私が初めて使ったキャプチャーボード。
専用ソフトも「RECコントロール3」もダウンロードしてOBSより簡単に配信できるがカスタマイズは出来ない。もちろんOBSを使って配信出来るからそちらからならカスタマイズは可能

コメント

タイトルとURLをコピーしました